やっぱり避暑地

最低気温15.2℃、最高気温30.6℃。
毎日毎日夏らしい天気が続いています。
軽井沢にずっといるとこの暑さはもう避暑地ではないのではないかと思ってしまっていたのですが、軽井沢を離れてみて、あー、やっぱり軽井沢は避暑地だったんだなとしみじみ感じました。
実際の天気予報やアメダスの気温を見ると、温度差はそれほどないように思うのですが、実際にはかなり違っているように感じます。
特に、地方都市を含む比較的都会な地域は、アメダスに表示されている気温が実際の気温と大きくかけ離れているということです。
それに比べて軽井沢は、アメダス表記の気温と実際の気温が近いように思います。
これには、観測地点の温度を計る際の条件が関係していると思います。
この条件からすれば、自然が多く残っている地域ではある程度、体感に近い温度になるが、アスファルトで覆われた地域ではあまり参考にならないということです。
昨日、名古屋で40℃超えが記録されました。
名古屋といえば有数の大都会ですから、実際の都市部の体感温度は記録された温度をはるかに超えるものだったのではないかと想像します。
アメダスの気温以上に軽井沢は涼しく感じるのかもしれません。
なるほど、夏に軽井沢が混むわけです。

応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村