台風12号の爪痕

最低気温20.3℃、最高気温25.2℃。
昨夜は久しぶりの暴風雨に庭木が倒れるのではないかと恐怖を覚えましたが、背の高い木はなんとか持ちこたえてくれました。
しかし、まだ若い背の低い木が何本か根元から折れてしまいました。
こんなに低いところの木が折れるのは、森の中にある我が家では珍しく、昨晩の風が相当強かったことを物語っています。
また今日は、早朝から用事があって出ていたのですが、途中、立ち木が道をふさいでおり通行止めになっているところも。

回り道を余儀なくされ、回り道するも至る所で葉や小枝が散乱している状況。
後から知ったのですが、昨晩は軽井沢の至る所で停電も発生していた模様。
軽井沢全体でも結構被害が出ているかもしれません。
台風から遠く離れた軽井沢でこの状況ですから、台風が通ったところはもっとひどい状況であることが容易に想像がつきます。
今年は、特に自然災害が目立つ気がします。
メディアは温暖化の影響といっていますが、科学雑誌や有識者の間では太陽の黒点が少なくなるなど太陽活動の低下に起因する気候変動だと言われています。
それによるともうすぐミニ氷河期に入るらしいです。
氷河期と言われるとにわかに想像できないので、突拍子もないように感じますが、昨年やおととしの夏が寒かったことを考えるとあながち否定もできません。
統計的な過去データから外れる気候が続くということであれば、温暖化というよりは気候変動と考える方が自然のような気もします。

応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村