軽井沢「千ヶ滝温泉」メンバーズカードで平日500円

今日は、中軽井沢の「千ヶ滝温泉」にいってきました。
DSC_3536

旧スケートセンターの一角に、広大な駐車場の奥に「千ヶ滝温泉」への入り口があります。
DSC_3527

屋根付きの通路を100m程歩くと温泉建屋になります。
DSC_3528

千ヶ滝温泉の料金体系は、大人と子供で違うほかに、平日や休日、繁忙期で変化しますので料金表を事前に要チェックです。
DSC_3529
この料金表をよく見ると、「メンバーズカードご利用のご案内」とあります。
メンバーズになると、例えば、平日大人1200円が、500円になります。(子供も500円というところは、なんとかならないものでしょうか。。。)
銭湯なみの価格なのでとてもありがたい。
但し、メンバーズカードを作るには条件があり、「軽井沢町、御代田町、小諸市、佐久市、安中市、長野原町、嬬恋村」にお住まいの方および、別荘の方に限るということです。
別荘の方ってどうやって確認するんだろう?
我が家はそうだったのですが、近隣に住んでいるのにメンバーズカードの存在を知らない方もいるかもしれないのでご紹介しました。

温泉内の撮影は当然ですが、撮影しておりませんので写真のアップできませんのでホームページをご参照ください。
大風呂1つに露店風呂が2つ、あとサウナもありました。

泉質は、少し肌がピリピリするような感じがしましたが、たまたま乾燥肌だっただけの可能性もあるので、こちらも詳細はホームページをご参照ください。
湯船は広くて大きな窓の先は森が見えてとても気持ちがよかったです。

なお、小さな子供がいる場合には注意があります。
DSC_3526
この中で「おむつをしている方」という部分。
この看板は、駐車場から温泉の建物まで続いている屋根付き通路の入り口にありますが、これだけみると、おむつをしている子供連れの方は諦めて帰ってしまいそうですが、温泉の建物内の受付まで行くと以下のような案内がでています。
DSC_3531
これは、入り口の看板と一緒に貼っておかないとダメだと思うのですが。。。
スイミングパンツなんて、普段持っていないと思いますが、そこも、上の案内を見ると、売店で販売しているようです。
せっかく来たのに、子供のせいで入れないなんてなるとちょっと悲しくなっちゃうので親切なんですが、、、この案内は入り口に貼るべきと思います。

後、もう1点、注意点があります。
これは私だけかもしれませんが、着替えのロッカーの施錠方法です。
受付でお金を払うと、カードキーが渡されます。
DSC_3535
これが曲者でして、ロッカーを施錠するのに使うのですが、使い方が難しい。
特に、ロッカーに書かれている注意書きを見ながら暗証番号を入力してロックしようとしてもさっぱりロックがかからない。
裸になってしまっているので受付に聞きに行くのも面倒。
キョロキョロしていたら、脱衣所の壁にもう少し詳しく施錠の仕方が書かれていてやっとロックをかけることができました。
ローカーに貼られている案内も、壁の説明にしてくれればいいのに。。。
ということで、施錠方法に困ったら壁の案内を見てください。
ポイントは、ロックをかけてから暗証番号を設定するということです。

お風呂が上がった後は、受付横に休憩場所があります。
DSC_3534 - コピー
グループで行った場合などでも、早く上がってしまって待っている場所に困るということはないでしょう。
10分100円のマッサージチェアも数台並んでいたり、自動販売機、テレビもあるのでゆったりリラックスできると思います。

週末の昼間であれば、駐車場から見える建屋の脇に「プリン専門店スイーツランベルセ」がありますので、お風呂上りのデザートに、またはお土産におすすめです。

◆また行きたい度数
駐車場から見える建物を見ると、壊れかけの廃墟のようにも見えますが、奥にある温泉施設は、新しく清潔感があり、また平日であればお値段も安いのでまた行きたいと思います。

◆施設の情報
軽井沢千ヶ滝温泉 (ホームページ)
住所:長野県北佐久郡軽井沢町千ヶ滝温泉
電話番号:0267-46-1111
営業時間:平日 12:00~21:30  ※土・休日/※特別日 10:30~22:00
※特別日4/29~4/30、5/1~5/8、7/16~7/18、8/1~8/31、9/17~9/19、10/8~10/10、12/23~12/25、12/30~12/31、2017/1/1~1/3、1/7~1/9、2/11~2/12、3/18~3/20
※内容は2016年度のもの。
駐車場:あり
アクセス:

”長野県北佐久郡軽井沢町千ヶ滝温泉”

応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村